ハゲざんす
お問い合わせリンクハゲざんす

増毛

ハゲの克服の理想は、「短期間で、自然な形で、安価にフサフサになる」ことであると言えます。しかし、通常の育毛法では多くの時間と労力とお金が掛かってしまいます。それに対して、多少痛くても短期間で出来るだけ自然にフサフサになるのが増毛法です。増毛法の情報を紹介していきます。

増毛とは?

増毛は物理的に髪の毛を増やすハゲ対策で、毛根の働きを促す育毛の対義語であるといえます。増毛は髪の毛を生やすことではなく、紙の量を増やして外見を整えることを目的としているのが特徴といえます。

増毛の性質

増毛法には、他人から提供された髪の毛や樹脂などを使用した人工毛髪を皮膚に植え込む「植毛」と、粘着性のシートや自前の髪の毛を利用して人工毛髪を固定する「増毛」があります。増毛法で増やした髪の毛の質感は通常の髪の毛と変わらない上に運動や入浴に制限がないという利点があることから、カツラに匹敵するハゲ対策となりつつあります。

増毛の欠点

いいこと尽くめのように思える増毛にも、幾つかの欠点があります。一つは「移植した髪の毛が伸びないこと」です。多くの増毛法は人工毛や提供された髪の毛を使うため、自前の髪の毛のように伸びることがありません。そのため、髪の毛が伸びたり散髪したりすると増毛した場所がはっきりとわかりやすくなってしまいます。第二に「健康にあく影響が起こる場合がある」ということがいえます。増毛法の中には、頭皮を傷つける必要がある手法があるため、細菌の感染を引き起こす恐れと隣り合わせなのです。また、手法によっては価格が高くつくこともあるため、事前にリサーチしておく必要があります。

増毛法の種類

植毛や増毛には様々な種類があり、それぞれに独自の特徴を持っています。

ヘアコンタクト

ヘアコンタクトはプロピア独自の増毛法で、粘着性の薄いシートに人工毛を固定した構造になっています。増毛法の中でも自然さに定評があり、映画の特殊メイクにも使用されているほどです。デメリットとしては定期的な交換が必要なことと、プロピアが経営再建中であるということが挙げられます。

ヘアエクステンション

ヘアエクステンションは髪の毛の束を取り付けるヘアメイクの一種で、増毛法としても利用されています。俗に「エクステ」と呼ばれ、髪の長さを変えたり量を増やしたりするために使われるため、薄毛隠しに向いているといえます。難点は価格が高いことと、装着には専門の技術が必要であることと言えます。

人工毛移植

人工毛移植は、植毛の中でも盛んに行なわれている方法です。ナイロンやポリエチエン・テフタレートなどの人工樹脂素材で作られた人工毛を頭皮に埋め込んで、髪の量を増やす方法です。自然な形で増毛を果たすことが出来ますが、抜けると再手術して埋め込む必要があることや免疫拒絶反応が出るなどのデメリットがあります。

自毛移植

自毛移植は、切除した後頭部や側頭部の頭皮を前頭部や頭頂部に移植して増毛させるという植毛法です。後頭部や側頭部の毛根は、ハゲになりにくい性質を持っています。この性質を活かしてハゲやすい前頭部や頭頂部に移植することで増毛を果たすのが目的です。デメリットとしては、頭皮を切除した後頭部や側頭部は頭皮を引っ張って縫合するため縫い目が残って表面がデコボコになることや移植できる範囲が限られていることなどが挙げられます。

ハゲ
<a href="http://hagezans.com/" target="_blank"><img src="http://hagezans.com/img/banner.gif" alt="ハゲ" width="88" height="31" border="0"></a>

ハゲざんす

<a href="http://hagezans.com/" target="_blank">ハゲざんす</a>

広告掲載