ハゲざんす
お問い合わせリンクハゲざんす

育毛剤

育毛剤は多くのハゲに悩む男性の心強い味方として、長年に渡って医薬品市場で根強いシェアを誇っています。昔は気休め程度の効果しかなかった育毛剤も、医学の進歩によって大きな変化を遂げつつあります。現在の育毛剤の実情と、使用上の注意点などについて紹介していきます。

育毛剤の真実

育毛剤は、その名の通り育毛に効果を持つ薬剤のことです。使用法としては、頭皮マッサージなどの育毛のために行なわれる対処法と併用されることがほとんどです。

育毛剤の原理

育毛剤は髪の毛の元が含まれているわけではなく、「髪の毛が生えるために必要な要素をサポートする成分」が何種類も配合されています。例えば、髪の毛の細胞に必要な栄養を送り込むための血行を促進する成分や頭皮の潤いを保つための保湿成分、髪の毛の元となる毛母細胞を活発に働かせる成分など、様々な有効成分を含んでいます。これらの有効成分が複合的に頭皮や毛根に作用して、育毛を手助けするというわけなのです。

育毛剤の主流成分

日本がバブル景気の真只中にあった1980年代後半、中国で開発された「101」という育毛剤が流行していました。101は、頭皮を痛めつけて身体の自然治癒力を引き出し髪の毛を甦らせることを目的とした育毛剤だったため、各地で「頭皮がかぶれた」という非難を受けてしまいブームは沈静化しました。では、現在の主流となっている育毛剤にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

ミノキシジル

ミノキシジルは、「ロゲイン」「リアップ」に配合されている育毛成分で血行促進効果があります。元々は血管拡張剤として開発された薬品であるため、血行促進効果は折り紙つきといえます。しかし、既往症がある人が使用すると副作用が出る恐れがあるため注意が必要です。

フィナステリド

フィナステリドは、ようやく日本でも扱われるようになった育毛剤の有効成分です。男性ホルモンの分泌を抑えることで、抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果が期待できます。しかし、男性ホルモンの分泌の抑制によってホルモンバランスが崩れてしまうという副作用があります。

育毛剤の注意点

育毛剤は医学的な根拠に基づく有効成分が配合されているため、大多数の人に効果が得られるようになっています。しかし、使い方を誤ると逆効果になってしまう恐れがあるのです。

ブラシで叩きすぎない

育毛剤には、「長い柄がしなる育毛ブラシで頭皮を強く叩きながら塗布する」というイメージが付きまとっています。しかし、このイメージ通りの育毛法を行なっていたとしたらそれは逆効果であると断言できます。頭皮への強い刺激は、内出血を起こし毛根への血流を減少させてしまうからです。指でマッサージする時も、爪で引っかかないように注意しましょう。

育毛剤をつけすぎない

薬には適正な使用量が定められていますが、どういうわけか「たくさん使えばその分だけ効果がある」と考えてしまう人が居ます。しかし、育毛剤の場合は血行を促進する成分など高血圧を引き起こす恐れのあるものが含まれているため、過剰な使用は健康を害する危険性が高いのです。

ハゲ
<a href="http://hagezans.com/" target="_blank"><img src="http://hagezans.com/img/banner.gif" alt="ハゲ" width="88" height="31" border="0"></a>

ハゲざんす

<a href="http://hagezans.com/" target="_blank">ハゲざんす</a>

広告掲載