ハゲざんす
お問い合わせリンクハゲざんす

育毛

額の面積が広がったことを感じたり、頭頂部が涼しくなってきたりすると人は育毛を活発に行ないだすものです。しかし、自己流の育毛法ではいくら時間をかけて行なっても効果が出ないどころかハゲが広がってしまうことも珍しくありません。効果的な育毛法にはどのようなものがあるのでしょうか。

育毛の真実

育毛は、ハゲを防ぐ方法であると同時にハゲに対する治療法として世間に認知されている健康法であると位置付けることが出来ます。最近では、「ハゲに対する治療=発毛法」という定義付けが盛んに行なわれていますが、育毛という言葉の意味を変えるほど普及しているとは言いがたい状態です。

育毛の目的

育毛の多くは、毛根の発毛サイクルの変化などを原因とする薄毛を正常な髪の毛に戻すことを目的として行われます。そのため発毛能力を失った毛根に対しては、効果が見られない場合があります。育毛は毛根が持つ髪の毛が生えるメカニズムを促進させることで、健康な髪の毛を生やさせる手段なので、毛根が機能していないと効果が現れなくなってしまうのです。

育毛の対象

育毛は、一般的には「ハゲの人が行なう涙ぐましい努力」と解釈されていますが、「髪の毛がこれからも生えてくる可能性がある人」が行なうべきなのです。育毛法として行なわれるマッサージや育毛剤の塗布は、「髪の毛を生やす魔法」ではなく「毛根の持つ髪の毛の生える力を手助けする手段」だからなのです。

育毛法のあれこれ

では、一般的に認知されている育毛法にはどのようなものがあるのでしょうか。育毛法とその特徴について解説してきましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、育毛剤を併用して頭皮を指やブラシで刺激して血行を促進して髪の毛の細胞分裂を促す方法です。頭皮の血流は、髪の毛の基盤となる毛根に栄養を送り込む育毛に重要な要素なので、頭皮マッサージを長期間続けることは効果があります。しかし、マッサージの力加減や時間の掛けすぎは頭皮を傷つけてしまうため逆効果になる恐れがあります。

海藻類の摂取

ワカメや昆布などに代表される海藻類は、髪に必要な栄養を豊富に含んでいるため育毛に効果的といわれています。しかし、人間の身体は食べ物から摂取した栄養分を全身に均等に分配するように出来ているため、海藻類を食べればすぐに髪の毛に効くというわけではないのです。また昆布に含まれるヨウ素は育毛に関連する栄養分ですが、摂取しすぎると甲状腺障害を引き起こす恐れがあるなど、注意が必要です。

育毛器具

健康器具の通信販売に目を移すと、育毛効果を謳った様々な育毛器具が市販されていることに気づきます。マイナスイオン、低周波、電流、遠赤外線など「健康によい」とされているものを頭皮に当てて血行を促進したり、毛根の働きを活発にしたりして育毛効果を発揮するという器具です。このような健康器具の効果は個人差が激しいため、一概に良し悪しを決めることが出来ないという長所でもあり短所でもある特徴を備えています。

ハゲ
<a href="http://hagezans.com/" target="_blank"><img src="http://hagezans.com/img/banner.gif" alt="ハゲ" width="88" height="31" border="0"></a>

ハゲざんす

<a href="http://hagezans.com/" target="_blank">ハゲざんす</a>

広告掲載