ハゲざんす
お問い合わせリンクハゲざんす

毛根

髪の毛などの毛髪は、例外なく皮膚の真皮層にある毛根から発毛しています。つまり、毛根がなければ毛は生えてこないのです。では、髪の毛が生えていないハゲの人の毛根はどのような状態になっているのでしょうか。ここでは、毛根の構造や毛が生える仕組みなどを紹介していきます。

毛根の秘密

毛根は、髪の毛や体毛を生やす機能を持った器官です。髪の毛を生やす毛根は、髪の毛の本数と同じ数だけ存在していますが、場合によっては一つの毛根から複数の髪の毛が生えていることがあります。

毛根の構造

毛根は、皮膚の外側に通じる管状の「毛包」と髪の毛を作り出す「毛球」から構成されています。毛包内部には皮脂を分泌する皮脂腺が通っているため、皮脂の出口としても使用されています。毛球は、髪の毛の元となる「毛母細胞」で埋め尽くされていて、中心部にある「毛乳頭」によって髪の毛の発毛が制御されています。

髪の毛が生える仕組み

毛根から髪の毛が生えてくるのは、毛母細胞と毛乳頭の働きによるものです。頭皮の毛細血管から髪の毛に必要な栄養を得た毛母細胞は、司令塔である毛乳頭に栄養の取得を伝達します。毛母細胞からの信号を受けた毛乳頭は、毛母細胞に髪の毛の細胞分裂を支持する信号を送り、髪の毛の発毛を促進させるのです。

抜け毛についてくる白いものの正体

自然に抜けた髪の毛や自分で抜いた体毛には、根元に白いものが付いてくることがあります。この白いものには、「粘り気のある付着物」と「髪の毛よりも硬い半透明のもの」の二種類があります。一般的には後者を毛根と呼ぶことが多いようです。この髪の毛についてくる毛根のようなものの正体は、髪の毛を固定する「毛根鞘」と呼ばれる組織なのです。俗に「毛根が付いた髪の毛が抜けるとハゲになる」といわれていますが、毛母細胞は髪の毛を抜いただけでは取れたりはしないので心配しなくてもよいのです。「粘り気のある付着物」は、皮脂と毛穴の汚れが混じったものなので髪の毛の生育には関係しません。

毛根が衰える理由

人体を構成する細胞の全てには、細胞分裂の回数の限界が設定されています。この分裂限界は毛根内の毛母細胞にも存在しています。この細胞分裂の回数は、遺伝子によってカウントされていて一定周期ごとにリセットされる性質を持っていますが、老化と共に回数が短くなっていくという性質を持っています。この細胞分裂の限界が毛母細胞に現れることで、髪の毛が細くなりやがてハゲへと繋がっていくのです。

ハゲにならないための毛根の労わり方

髪の毛が生えるためには、毛根を労わることが非常に重要であるといえます。毛根のケアは、頭皮ケアを行なっていれば同時に行われているため特別な行為を行なう必要はないといえますが更に効果を高めるためには、頭皮や毛根に負担をかけない生活を行なうようにする必要があるといえます。「出来るだけ夜更かししすぎないこと」「規則正しい食生活と栄養バランスを守ること」など、生活にメリハリを持たせることは髪の毛の健康にも効果があるのです。

ハゲ
<a href="http://hagezans.com/" target="_blank"><img src="http://hagezans.com/img/banner.gif" alt="ハゲ" width="88" height="31" border="0"></a>

ハゲざんす

<a href="http://hagezans.com/" target="_blank">ハゲざんす</a>

広告掲載