ハゲざんす
お問い合わせリンクハゲざんす

薄毛の原因

薄毛は、「はげ」の前兆といえるほど目に見えてわかる髪の毛の変化です。
髪の頭頂部付近を中心にして髪のボリュームが無くなり、髪型が平面的になったり頭皮が露わになったりといった変化が現れます。このような薄毛はどのような原因によって起こっているのでしょうか。

薄毛の原因を探る!

髪の毛が全体的に細くなる薄毛は、男女を問わない髪の毛の悩みといえます。薄毛がひどくなるとハゲになりやすくなるだけでなく、髪の毛が枝毛などでバサバサになってしまうという弊害をもたらします。

薄毛の実態

薄毛は、髪の毛の新生サイクルに異変が起こることで発生します。髪の毛は成長期・退行期・休止期を数年単位で繰り返していますが、薄毛は数年間続くはずの成長期が短縮されてしまい髪の毛が正常に育つだけの栄養が行き届かなくなり、退行期を経て抜け落ちる休止期を迎えてしまいます。このサイクルの変化が続くと、毛根自体の発毛力も衰えていきやがてハゲになってしまうのです。

薄毛の原因とは?

薄毛の原因と考えられているものは、幾つか存在しています。どのような原因によって薄毛が引き起こされているのでしょうか。

遺伝

ハゲや薄毛は遺伝するといわれています。現在はハゲに関連する遺伝子の研究が各国で進められていますが、確定的な発見は未だないようです。一般的には、「ハゲは母方から遺伝する」といわれていて、世代を跨いで発現する隔世遺伝によるものと考えられています。

ストレス

「ストレスは万病の元」と言われるように、ストレスが毛根に与える影響は深刻なものです。円形脱毛症の原因でもあるストレスは、血行を悪くして毛根に充分な栄養を行き届かせなくしてしまうことがあるのです。ストレスを溜めやすい現代社会においては、ストレスによる薄毛は切実な問題といえます。

生活習慣

24時間営業の商店が増えたことなどで、現代人の生活習慣は非常に不規則になっているといえます。夜更かしのしすぎや昼夜逆転生活などを続けていると、身体の新陳代謝が正常に行なわれなくなり、薄毛だけでなく病気の原因にもなってしまいます。

ホルモンバランス

性ホルモンは、髪の発毛と非常に深い関係があります。男性ホルモンは、頭頂部の髪の毛を抜けやすくする働きを持ち、女性ホルモンは髪の毛を生えやすくする働きを持っています。このホルモンバランスが崩れると、女性でも男性ホルモンの働きによって頭頂部に薄毛の兆候が現れることがあります。

染色やパーマ

パーマや髪の染色は、今や世代を問わないおしゃれの一つとなっていますが髪の毛を痛めるという弊害を持っています。染色に使うブリーチ液やパーマ液は頭皮を傷つける恐れがあり、薄毛を引き起こすことがあります。

シャンプー

髪の毛を洗浄するシャンプーも、薄毛の原因と考えられています。シャンプーの洗浄成分に含まれる界面活性剤が頭皮に残ることで薄毛を誘発する恐れがあるのです。また、シャンプーのしすぎは毛根の皮脂を取り去り、発毛を阻害するという報告があります。

ハゲ
<a href="http://hagezans.com/" target="_blank"><img src="http://hagezans.com/img/banner.gif" alt="ハゲ" width="88" height="31" border="0"></a>

ハゲざんす

<a href="http://hagezans.com/" target="_blank">ハゲざんす</a>

広告掲載