ハゲざんす
お問い合わせリンクハゲざんす

「はげ」について

「はげ」は、多くの男性が将来悩む可能性を抱えている現象であるといえます。逆に、女性の「はげ」が少ないのは何故なのでしょうか。「はげ」の個人差はどこに原因があるのでしょうか。このような「はげ」に関する疑問は絶えません。ここでは、ハゲという生理現象について解説していきます。

ハゲとは何か

「はげ」という言葉は、正確に表記すれば「禿げ」となります。禿げの「禿」という文字は、「かむろ」とも読み、平安時代の女子がしていたおかっぱのような髪型のことを指します。この時代の女性は髪を切らずに伸ばし続けるのが当たり前だったので、「髪が短くなる」という意味を持つ「禿」の字を当てたというのが「かむろ」の語源といわれています。

ハゲの男女比

「はげ」は高齢男性の代名詞になっているくらい、男性特有のものと考えられていますが実際には女性にも「はげ」は発生します。男女比で言えば約3:1で男性が圧倒的に多いことは確かです。女性の「はげ」は男性のように頭皮の地肌が剥き出しになるほどではなく、髪のボリュームが減少して髪型全体の厚みがなくなってしまう程度のものがほとんどです。女性の場合はハゲというよりも、「薄毛」と言うほうが事実に即しているといえます。

海外でのハゲ

海外では、男性のハゲは日本ほど扱いが悪くないといえます。男性の「はげ」を個性として捉える見方が広まっているからではないかと考えられます。しかし、その分若いうちから髪を剃り上げてしまう「スキンヘッド」に対しての風当たりは強いといえます。スキンヘッドには、反社会・反体制的な意味合いが強く込められているからです。そのため英語圏では、剃髪した頭は「シェイブドヘッド」、ハゲ頭を「ボルドヘッド」と呼びスキンヘッドと明確に区別されています。

ハゲになる原因とは

「はげ」が女性よりも男性に起こりやすいのは、性ホルモンの働きであるというのが定説です。男性ホルモンの代表格であるテストステロンは、髪の毛以外の体毛を生やす働きを持っています。しかし、5αリアクターゼという酵素が作用することでテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンに変化してしまいます。このジヒドロテストステロンには、髪の毛を薄くして産毛さえも生えないように毛根を弱める働きがあります。このジヒドロテストステロンの発生が「はげ」の原因の一つで、女性よりも男性にハゲが多い理由となっているのです。

その他のハゲの原因

老化現象としての「はげ」の原因は、ジヒドロテストステロンに原因を求めることが出来ますが、若い年代に起こるハゲはそれ以外の原因に寄る所が大きいといえます。一時期話題になった円形脱毛症のように、過度のストレスがかかる事で毛根が弱まり発毛のサイクルが途切れることも「はげ」の原因になります。また、自分から髪の毛をむしる抜毛症もストレスなどが原因で発生すると考えられています。ストレス以外での「はげ」が起こる原因としては、がんや白血病の治療で投与される抗がん剤による副作用が挙げられます。

ハゲ
<a href="http://hagezans.com/" target="_blank"><img src="http://hagezans.com/img/banner.gif" alt="ハゲ" width="88" height="31" border="0"></a>

ハゲざんす

<a href="http://hagezans.com/" target="_blank">ハゲざんす</a>

広告掲載